クレジットカード審査が緩いのは

新学期。
新しい生活に欲しくなるのは、クレジットカードです。
ずばりクレジットカード審査が緩いのはここです。
学生は欲しいですね。
でも学生が取得できるクレジットカードは限られています。

専業主婦だってクレジットカードくらい欲しいですよね。
主婦は収入がないから取得は、むずいです。

でも、ここのクレジットカードなら取得できる。ってところもあるんですよ。

ちなみに、 「クレジットカード 審査 甘い」と検索して上位表示されているサイトを見て、ランキング順に並んでいるサイトを見ても信用されないことをお勧めします。

審査が甘いかどうかは、最終的に本人の属性しだいです。
確かに一般的には、「審査が甘い」と言われている銘柄順となっていますが、発行されるか?否か?は本人の属性によって、かなり変わってくるからです。

また、クレジットカードの審査が簡単、早い、通りやすい、ゆるいと書かれていても優しいどころか、そもそも連続落ちの申込みブラックは機械審査で自動的に落とされるカード会社が紹介されていたりと・・・

何をどんな根拠で易しい(やさしい)のか?サイト内コンテンツの信憑性に疑問を感じざるを得ません。

クレジットカード審査が楽なところやゆるいところを探されている方は、ぜひ最後までこのページをご覧ください。

以下は、私がこのサイトを運営していて一般的にカード取得が難しいと言われている属性の方から相談を受けた際のアドバイス内容です。

クレジットカードを新しく作るとき、自分自身はもちろん審査に通ると思って申込みます。

しかし結果は「審査落ち」。こういった経験を持つ人は少なくありません。

意外とクレジットカードの審査に落ちる人は多いのです。

私も過去に何度も落ちた経験がありますが、もちろん理由はわかりませんでした。(ちなみに私は楽天カードの審査に落ちました。。。)

クレジットカードを所有するには審査が必要です。申込書に自分の個人情報を書いてカード会社に郵送して審査を受けます(ネットでの入会もあります)。それにパスしたら、カードをもつことができます。

そこで、気になるのが、カード会社は何を基準に私たちを評価しているかということです。

基本的にカード会社は、3つの要素を重視するといいます。「安定した収入」「返済能力」「明確な居住場所」の三つです。とくに最後の「明確な居住場所」というのは、つまり、「夜逃げ」の恐れがないかを見極めることをいいます。

IBIS(アイビス)という審査システムを利用している「セディナカードJIYU!DA!」。この審査システムは、「お金を返してもらえない可能性があっても利益が出ると判断できればカードを発行する」ほど、審査がゆるいとされているカードです。
現在、利用者を増やすため、広告費を大幅に使ったキャンペーンを行っており、それが11月末までの予定でしたが、今回、再々々延長を経て2017/3/31までに延長されています。
もともと審査が甘いとされている本カードですが、この期間中は特に狙い目となりますので、どうしてもクレカが必要な方はこのキャンペーン期間を逃さないよ